カテゴリー別アーカイブ: お金

今すぐお金が欲しい

外出中に財布の中身をみたらほとんどお金がなかったと知って、心の底からどうしようと心配になってしまったことはないですか?
これが昼間だと時間帯によっては銀行や郵便局もまだ営業していますし、普段利用している銀行がなくても手数料を支払えばお金を引き出すことができますので、心配することなく銀行や郵便局のATMを探せばいいです。
 
しかし夜中となってしまうと銀行や郵便局は閉まっていて、頼みの綱となるのはコンビニのATMですね。
ただATMでも使うことができる銀行などのカードを持っていないと、お金を手に持つことができないのでその点だけを注意して欲しいです。
今は普段利用している銀行や郵便局だけではなく、消費者金融やカードローンも適応することができれば借り入れすることができるので、普段利用しているコンビニがあればとくにチェックして欲しいですね。
 
お金が必要でもジュース代程度の小銭やワンメーター分のタクシー代くらいだったら、隣に友達が入ればちょっと借りることもできるけど、お金の貸し借りが苦手だったり自分一人だったりの場合にはそういうこともできないので、ちょっと困った時に知っておくのもいいでしょうね。

お金を借り入れするのは、借りてあげると思いましょう

お金を借りる時は、信用が必要になります。
信用がない人には、お金を借りることは出来ません。
これは、銀行にお金を借りるということもそうですが、個人にお金を借りることにも通じています。

銀行にお金を返す能力が高いことが、信用として認識しています。
銀行には、人間の中身は関係ないのです。
その逆に人にお金を借りるには、返済能力は必要なりません。
知人にお金を借りるには、人間の中身が必要になります。

甘えが出るので、親にお金は借りない方が良いでしょう。
借りるなら、甘えの利かない場所からの借り入れが、返済への意欲の一番の原動力になります。

銀行はお金がある場所ですので、ここからお金を借り入れするようにしましょう。
借り入れで一番注意することは、年利を安くするということです。

銀行 借入

住宅などの大きな買い物になると、年利が数%違うだけで、払う金額は全く違います。
その交渉さえも、仕事の一つですので、自分の為にも家族の為にも、安い金利をつけてもらえるように頑張りましょう。

借り入れする時は、借りてあげるという気持ちも大事ですよ。

言い訳は要らないからお金を返して!

学生時代、お世話になった方にお金を貸してしまいました。信用していたし、ちゃんと借用書も用意してもらったので、安心していたのですが全く返ってきません。

あれから何年も経ちましたが、私も結婚しました。1年後に挙式をするので貸したお金を使いたいと思っていると話し、今年の8月までに返すと約束を取り付けました。それは守ると言ってくれましたが、なかなか守られずに数ヵ月が経ちます。別件で早急にお金が必要なので5月末までにいくら返してもらえるのか連絡を入れてみました。連絡を入れますとメールが届きましたが、なかなか連絡をよこしてきません。毎日言い訳メールが届きうんざりです。

言い訳は要らないから早く金返せ!と言いたいですが、お世話になった方だけに強く言うこともできず苦しい状態です。